無限の想像力を持つ独創的な映画監督、ロブ・ゾンビ。彼の個性的な作品は、映画、音楽、出版業界など様々な分野で注目されている。本作『31』はそんな彼が制作、監督、脚本を務めた7本目の映画作品となる。

ロブ・ゾンビが2007年にリメイクしたジョン・カーペンターの『ハロウィン』は、公開週1位を獲得し、未だ破られぬレイバー・デイ(労働者の日)の週末興行収入歴代1位という記録を獲得するなど、大ヒット映画監督として知られることとなり、『マーダー・ライド・ショー』、『デビルズ・リジェクト~マーダー・ライド・ショー2~』といったカルト・ムービーとして非常に評価の高い作品の監督・脚本を務めている。
本作『31』は2016年のサンダンス映画祭に正式出品され、絶賛と絶望を呼んだ待望の最新作である。

ハロウィンに狂った日本のみなさんにロブ・ゾンビがお届けする、ハロウィン前夜に行われる、狂気の宴! 襲い来る狂人たちから12時間生き延びることができるか!?
ハロウィン前夜、カーニバルで働く5人の男女が誘拐され、巨大な廃墟に監禁される。扉と窓は全て閉ざされ、彼らに逃げ場はない。いや、一つだけ彼らに残された道があった…「31」と呼ばれる狂ったゲームを勝ち残るという道が。 ミッションは、襲い来る狂人たちから12時間生き延びるというものだった。

ファーザー・マーダー、シスター・サーペント、シスター・ドラゴンという名の狂ったコスチュームを着た3人組、ザ・デビルズ。この3人が「31」の全てをコントロールしている。捕らわれた5人は、最高に危険なゲームの人間駒と化す。バール、ナイフ、メリケンサックを手に、12時間もの間強制的に命を懸けて闘わされることとなる。対する相手は、ザ・ヘッズ(The Heads)...ピエロの恰好をした人殺しの狂人集団。このモンスターたちが施設内を走り回り、見つかった者は容赦なく襲われる、12時間の地獄がスタートする。 ザ・デビルズたちは、彼らの駒が逃げ惑う様を見学しながら賭けを楽しんでいる。駒が一人殺されるたびに賭け金が上がり、ゲームは盛り上がりを見せる。

このゲームにルールは無い。
12時間生き残った者だけが自由になれる。

さあ、始めよう。
「31」というゲームを。
 
ミュージシャンそして映画監督と、独自の個性を発揮するアーティスト。
2004年、2005年に監督・脚本・音楽を務めた『マーダー・ライド・ショー』、『デビルズ・リジェクト~マーダー・ライド・ショー2~』はカルト・ムービーとして非常高い評価を受け、2007年にリメイクしたジョン・カーペンターの『ハロウィン』は、公開週1位を獲得。2009年の『ハロウィン2』ではマイケル・マイヤーズの少年時代を描くなどして、独自のフランチャイズを創り上げる。同年、アニメ映画『The Haunted World of El Superbeasto』も監督。2012年にはジェイソン・ブラム、オーレン・ペリ(『インシディアス』『パラノーマル・アクティビティ』シリーズ)と共に『ロード・オブ・セイラム』を手掛け、トロント国際映画祭で上映されている。さらにこの作品はノベライズされ、ニューヨーク・タイムズ ベストセラー・リスト入りしている。本作『31』はロブ・ゾンビの7本目の映画作品となる。 過去20年間、ゾンビは様々なミュージック・ビデオも手掛けている。そして、自身の曲のミュージック・ビデオを監督した作品として、史上初のMTVビデオ・ミュージック・アワードを受賞している。更に彼はTVシリーズやCMの監督なども務めている。ロバート・ロドリゲス監督、クエンティン・タランティーノ監督の映画『グラインドハウス』(2007年)では「ナチ親衛隊の狼女」(フェイク予告篇)の監督も担当、監督業の幅を広げている。

2003年 『マーダー・ライド・ショー』(House of 1000 Corpses)監督・脚本・音楽
2005年 『デビルズ・リジェクト マーダー・ライド・ショー2』(The Devil's Rejects)監督・製作・脚本・音楽
2007年 『ハロウィン』(Halloween)監督・製作・脚本
2007年 『グラインドハウス』(Grindhouse)監督【フェイク予告「ナチ親衛隊の狼女」("Werewolf Women of the SS")のみ】
2009年 『ハロウィンⅡ』 (Halloween II)監督・製作・脚本
2009年 『The Haunted World of El Superbeasto』監督・製作・脚本【アニメ映画】
2010年 『CSI:マイアミ』(CSI: Miami)監督【テレビシリーズ 第8シーズン第16話「LA大捜査線」】
2012年 『ロード・オブ・セイラム』(The Lords of Salem)監督・製作・脚本
ミュージシャンとしてのロブ・ゾンビは、1985年にホワイト・ゾンビを結成し音楽活動を開始し、現在はソロ名義で活動。過去7回グラミーにノミネートされるほどで、1,500万枚以上のアルバム販売数を誇る。代表曲の「Dragula」や「More Human than Human」は90年代に大流行し、彼の最新のアルバム『Venomous Rat Regeneration Vendor』はビルボード トップ10の7位に入っている。ゾンビは未だ積極的にツアーを行い、各国のアリーナを満席にし、フェスティバルでヘッドライナーを務めている。2016年4月29日には、3年ぶり通算6枚目にあたるソロ最新アルバム「エレクトリック・ウォーロック」がリリースされ全米アルバムチャート6位を記録した。

コネチカット州トリントンで生まれ育ったシェリ・ムーン・ゾンビ。10代後半でカリフォルニアに移住するが、学業と仕事を両立するため頻繁にコネチカットとカリフォルニアを行き来して過ごす。20代の間はモデル兼ダンサーとして幾つかのミュージックビデオに出演している。そのほとんどが当時彼氏だったミュージシャン、ロブ・ゾンビのものだった。2002年のハロウィンにロブ・ゾンビと結婚。同2002年にベイビー役として、ロブ・ゾンビ監督作品『マーダー・ライド・ショー』(2003)で女優デビューする。デビュー後、夫が監督する数々のヒットホラー作品に出演している。『デビルズ・リジェクト~マーダー・ライド・ショー2~』(2005)『ハロウィン』(2007)『ハロウィンII』(2009)『ロード・オブ・セイラム』(2012)などが含まれる。更に、『グラインドハウス』(2007)の「ナチ親衛隊の狼女」に出演している。ロブ・ゾンビ作品以外では、トビ―・フーパー監督の『ツールボックス・マーダー』(2003)などにも出演しており、映画作品以外でもテレビシリーズ「カリフォルニケーション」と「CSI:マイアミ」の1エピソードに出演している。2007年USA Todayが彼女のことを、現代を代表する“スクリーム・クイーン”の一人として名を挙げ、そのイメージは今でも保たれている。他の“スクリーム・クイーン”と違い、シェリの役は露出度が高く過激なことから多くの男性ファンを獲得している。現在では、女優業以外にファッションデザイナーとしても活動しており“Total Skull”というブランド名で大ヒットしている。
ジェフ・ダニエル・フィリップスはUniversity of Southern Californiaで映画制作を学ぶ。ジェフはプロダクション・デザイナー、アートディレクター、小道具主任として映画、テレビ、ミュージックビデオ、コマーシャルなどを10年以上作り続けてきた。更に、俳優としてはアメリカやヨーロッパのステージに立ち、多くのテレビや映画作品などに出演している。映画作品としては『スニーカーズ』(1992)、『ゾディアック』(2006)、『ロード・オブ・セイラム』(2012)などに出演している。さらに、今後放映する予定のJ・J・エイブラムス製作総指揮、ジョナサン・ノーラン監督の新作テレビシリーズ『ウェストワールド』(2016~)に出演している。

メグ・フォスターはテレビシリーズ『NET Playhouse(原題)』(1964~)の1エピソードに出演したことから女優デビューを果たす。その後70年代は『名探偵ジョーンズ』(1973~)、『600万ドルの男』(1974~)、『ハワイ5-0』(1968~)など多くのテレビシリーズにゲスト出演している。1982年に出演した『女刑事キャグニー&レイシー』(1982~)でクリスティン・キャグニーを演じ、広く知られるようになる。80年代後半からは映画作品への出演が増えだす。『マスターズ/超空の覇者』(1987)ではイヴリン役に抜擢。その他にも、『ゼイリブ』(1988)、『ステップファーザー2/危険な絆』(1989)、『ブラインド・フューリー』(1989)などのヒット作にも出演している。90年代はSF映画への出演が多く、その他にも『タイムマシーンにお願い』(1989)、『ER 緊急救命室』(1994)、『スター・トレック/ディープ・スペース・ナイン』(1993)などテレビシリーズへのゲスト出演が目立った。その後、2000年から女優業を一時休業し、2011年に『25 Hill(原題)』(2011)と『Sebastian(原題)』(2011)で約10年ぶりに復帰した。翌年、ロブ・ゾンビ監督の『ロード・オブ・セイラム』(2012)にも出演している。
リチャード・ブレイクは1994年にスティーヴン・ノリントン監督の『デスマシーン』(1994)で映画デビューを果たす。クリストファー・ノーラン監督の『バットマン ビギンズ』(2005)では、バットマンの両親を殺したジョー・チル役という大役に抜擢され、『ハンニバル・ライジング』(2007)でも悪役を演じており、一癖ある悪役を演じることが多い。その他、最近では『SPY/スパイ』(2015)、『キングスマン』(2014)などに出演していることで知られている。

1943年イギリスで生まれたマルコム・マクダウェルは両親が所有するパブ、またコーヒー会社のセールスマンとしてなど、幾つかの仕事を転々としながら、London Academy of Music and Dramatic Artにて演技を学ぶ。『夜空に星のあるように』(1967)で初めて長編映画デビューするも、彼が出演した2分の映像は最終的に本編からはカットされてしまう。その後、リンゼイ・アンダーソン監督の目に留まった彼は、『if もしも‥‥』(1968)に出演することに。この役が彼の名をイギリス中に知れ渡らせることになるも、国外では全く評価されず。映画のヒットをきっかけに『オー!ラッキーマン』(1973)の脚本を書き始める。同時に、スタンリー・キューブリック監督の『時計じかけのオレンジ』(1971)でアレックス役に抜擢され、世界中に狂った悪役のイメージを植え付ける。1976年、一年近くかけて取り組んだ作品、『カリギュラ』(1979)は、後に史上最も評判の悪かった作品のひとつと呼ばれることに。その後、イギリスの映画業界が崩壊し、俳優業を続けるためアメリカへと渡り、『タイム・アフター・タイム』(1979)でアメリカ映画に初出演する。その後、リンゼイ・アンダーソン監督の『ブリタニア・ホスピタル』(1982)にも出演している。1994年に『ジェネレーションズ/STAR TREK』(1994)でジェームズ・T・カーク船長を殺した男、トリアン・ソラン博士役に抜擢。現在では100本以上の映画に出演するほどの、アメリカで最も知られる俳優の一人となる。
ローレンス・ヒルトン・ジェイコブス/
LAWRENCE HILTON-JACOBS(Panda Thomas)
ケビン・ジャクソン/KEVIN JACKSON(Levon Wally)
ジェーン・カー/JANE CARR(Sister Serpent)
ジュディ・ギーソン/JUDY GEESON(Sister Dragon)
パンチョ・モラー/PANCHO MOLER(Sick-Head)
デヴィッド・ユーリ/DAVID URY(Schizo-Head)
リュー・テンプル/LEW TEMPLE(Psycho-Head)
トーステン・フォーゲス/TORSTEN VOGES(Death-Head)
エリザベス・デイリー/E.G. DAILY(Sex-Head)
マイケル“レッドボーン”オルコット/
MICHAEL "REDBONE" ALCOTT(Fat Randy)
エスペランサ・アメリカ/ESPERANZA AMERICA(Snoopy)
アンドレア・ドラ/ANDREA DORA(Trixie)
デヴィン・サイデル/DEVIN SIDELL(Georgina)
ジャーメイン・ホルマン/JERMAIN HOLLMAN(Skeleton)
ジンジャー・リン・アレン/GINGER LYNN ALLEN(Cherry Bomb)
トレイシー・ウォルター/TRACEY WALTER(Lucky Leo)
ダニエル・ローバック/DANIEL ROEBUCK(Pastor Victor/Victim)
ガブリエル・ピメンタル/GABRIEL PIMENTAL(Brumaire)



全てのロブ・ゾンビ監督映画をプロデュースしているアンディ・グールドは、音楽業界のレジェンドと呼ばれている。アーティストのマネージャーとして活躍した彼は、多くの大物ロック・スターたちを世に送り出している。Pantera、Linkin Park、Lionel Richie、Guns N’ Rosesなどがその一例だ。2013年にはUniversal Music Enterprisesと共同で、自身のレーベルT-Boy Recordsを立ち上げ、Megadeth、POD、Eagles of Death Metalなどと契約している。


地域 劇場名 上映期間
東京 新宿シネマカリテ 10/22(土)~
大阪 シネマート心斎橋 11/26(土)~
愛知 名古屋シネマテーク 10/29(土)~
兵庫 神戸アートビレッジセンター 12/3(土)~
京都 京都みなみ会館 12/17(土)【オールナイト上映「V-ZONE洋画劇場 無垢な地獄聖夜」1回限定上映】